ヨガポーズの名前紹介(動物編)

お問い合わせはこちら

ヨガポーズの名前紹介(動物編)

ヨガポーズの名前紹介(動物編)

2021/01/14

小さな昆虫から大きな動物まで

皆様こんにちは、クレヨンGETスクールヨガ教室へ週3で通っています池田です。

最近ブログが賑やかに(投稿メンバーが増えてまいりましたね!嬉しいです。)ヨガの講師の方の参考になるブログ内容と合わせて、生徒目線でのゆるーいブログにも今後ともお付き合いくださいませ。

さて今回は、『ヨガポーズの名前紹介』2回目で、動物編です。

陸上の生き物、水中の生き物、空を舞う生き物、、大きさで言えば小さな昆虫から獰猛(どうもう)な動物まで、、

といった具合に幅広い種類の名前が登場します。

まず、ざっと調べてみた情報を紹介した後で、その中でも個人的ではありますが気になる生き物について注目していこうと思います。

ずばり、子犬、犬、猫、ウサギ、牛、馬、ラクダ、孔雀(クジャク)、鳩、鶴、鷲、サギ、魚、カエル、ワニ、ライオン、コブラ(蛇)

です。(きっとまだまだ出会えていない動物の名前のヨガボーズが他にもあるとは思います。ご了承ください。)
いろいろありますね、、、

動物の仕草だったり、イメージ?みたいなものをヨガの型に当てているのだと思いますが、どうしても
仰天した名前があります。

それは『牛の顔』のポーズです。

何故たくさんの動物の中でウシにしたのか、、、謎です。
完成したポーズを見てもあまり牛の顔というイメージが湧かなくて。

まあ考えて見ると、星座とかもそうですよね。

星の点と点をつなげて絵に例えてはいますが、結構強引(笑)だったりします。
時折ある個性的なヨガのネーミング。。

インパクトはあるので、引き付けられることは間違い無いです。

まず興味を持つことは大事ですものね。。

そのポーズができた背景とか、ストーリーがあるのかもしれません。

もちろん「猫のポーズ」のような、背中を丸ーく丸めたりする、とっても分かりやすいポーズもありますのでご安心ください。。。

つづく。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。