オリンピック、パラリンピックボランティアについて

お問い合わせはこちら

オリンピック、パラリンピックボランティアについて

オリンピック、パラリンピックボランティアについて

2021/07/27

こんにちは、クレヨンGETスクール、英語講師の池田です。

今日はボランティア業務について少しご紹介させていただきたいと思います。

 

オリンピック、パラリンピック大会におけるボランティアは主に二つに分かれています。

一つは大会ボラ(英語名Field Cast)
当初募集人数は8万人、そしてもう一つは都市ボラ(英語名City Cast)当初募集人数は3万人です。

 

前者は国がサポートしているもので大会中の競技会場内、または近い部分で、大会運営と競技に関わる裏側からのサポートです。

開会式、閉会式、表彰式、記録管理、メディア、報道プレス対応、関係者のアテンド、選手村での活動、選手の送迎ドライバー、等。。。。

 

後者の都市ボラは東京都が管理しており、広く、大会を円滑に、そして盛り上げていけるように、近隣のライブ会場でパブリックビューイングを行ったり、

ラストマイルといったような会場までの道案内、そして空港や、主要駅での交通案内等があります。

そして何よりも、観光をしていただくために、日本、そして、東京を含む全国の魅力を紹介していくことが仕事となります。

 

残念ながら、コロナの影響で、世界中からの観光客に出会う機会は、少ないかもしれません。。

 

私自身、後者の都市ボラに参加いたします。

(もちろんワクチンを2回接種してから参加いたします。)

5日間という短い期間ではありますが、できる範囲で、なるべく最新の注意を払い、任務を実行して参りたいと思います。

 

クレヨンGETスクールの皆様におかれましては、この様な状況ではありますが、各自、ご家庭で、オリンピック、パラリンピックに関心を持っていただき、各家庭で応援してみるのはいかがでしょうか。。。
緊張感、ドキドキ感、ワクワク感。。いろんな気持ちが湧き上がってきています。

2階のスペースの一角において万国旗を飾りながら、大会が、平和の祭典、希望の祭典になることを祈念しつつ気を引き締めて熱い夏のオリンピック、パラリンピックに向けて、
主要電車や地下鉄について確認し、AEDの使い方、車椅子の扱い方、声の掛け方、手話などの準備を整えて、時を待とうと思います。

 

ありがたいことに、理解のある生徒さん方に応援いただき、本当に感謝です。

つづく。。。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。